【松戸】中古マンションリフォームについて知っておきたい基礎知識

松戸で中古マンションを購入してリノベーションをしてみたい、中古マンションリフォームは築年数が経過している物件でもリノベーションすることで、新築以上の価値を持つ物件に変化させることができる魅力があります。

松戸は都市部へのアクセス環境が良いにも関わらず、土地価格が比較的安くてマイホームを松戸市に求める人も少なくありません。ここでは、中古マンションリフォームに焦点を当てて低価格の中古マンションを購入してからリノベーションを行う、このような手法にはどのようなメリットがあるのか分かりやすく解説していくことにしましょう。

中古マンションのリフォームは何をするの?

中古マンションリフォーム 松戸

松戸市も新築分譲マンションの価格が上昇しているといわれているのですが、最近は新築は手が出せないけれども中古マンションなら購入できる人も多くなっています。駅から近い場所は人気エリアですから、新築マンションともなると高額だし、価格が少し安い物件は間取りが狭くて家族で使うのには不便、このようなときに候補に挙がるのが間取りが広めの中古マンションではないでしょうか。中古マンションはそのままでは設備自体が古かったり使いたい機能が備わっていないなど、中古マンションリフォームを考える人も多いといえます。

中古マンションリフォームは、室内の設備を新しいものに変えたりクロスを張り替えるなどで新築のときと同じような機能に戻せる魅力を持つものです。例えば、トイレの便器を温水機能が付いているタイプに変えたいときやタンクレストイレに変更したいなど中古マンションリフォームを行えば快適なトイレ空間を作ることができます。また、既存のキッチンは高さが低くて自分は身長が有るので使いにくい、このようなときもシステムキッチンに変更するなど中古マンションリフォームで快適なキッチン空間を作り出せるわけです。リビングルームやベッドルームの床材の交換、和室の畳の交換など中古マンションリフォームで一新させることが可能です。

中古マンションのリフォームとリノベーションの違いは?

中古マンションリフォーム 松戸

中古マンションを購入してリノベーションを行う人も多くなっていますが、リフォームとリノベーションの大きな違いは間取りを大幅に変更できるのがリノベーション、間取りの変更はなく新築のときと同じ機能に戻せるのがリフォームです。古い時代に建設された中古マンションは、専有面積は現代の物件とあまり変わらなくても間取りが細かく区切られていたり、洋室よりも和室の占有率の方が多いなど使いにくく感じてしまう人も少なくありません。リフォームの場合は、畳の入れ替えや床材の交換などを行うことはできるけれども2つの部屋を1つにしたり、大幅な間取りを変えることはできません。

リノベーションはスケルトンリフォームと呼ばれることもあるのですが、スケルトンは透明などの意味を持つ言葉で、内装を全て撤去してスケルトン空間を作り出してそこから間取りを作り出すのが特徴です。そのため、浴室やトイレ、キッチンなどのような水回りを1か所に集めることもできるので家事動線や生活動線などを意識した間取りを作れるなどのメリットもあります。和室が3部屋で洋室が1部屋などの4LDKの間取りも、リノベーションなら全室洋室の3LDKにすることも可能ですし、家族がもっとの長くいるリビングルームを広くして2LDKの部屋にすることも可能です。

中古のマンションを購入してリフォームをするメリットは?

中古マンションリフォーム 松戸

中古マンションリフォームとは、中古で販売しているマンションを購入してから自らが住みやすい部屋に変えることができる魅力を持つものです。中古マンションは新築物件と比べると価格が抑えられているので、新築ではちょっと高すぎて買うことができない人でも購入のチャンスが出て来ます。予算にある程度余裕がある場合には、松戸駅から歩いて約5分などのように駅から近い物件に手を出すこともできるのではないでしょうか。リノベーションを最初から視野に入れている場合、中古マンションは築年数が経過していても利便性などを重視する人にとって価格重視で物件探しをするので、駅から近いマンションが良い人や近くに買い物に便利なショッピングセンターがある物件が良い、子育て中の場合は近隣に子供たちが安心して遊べる公園や医療機関があるところが良いなどそれぞれのニーズに合ったマンションを低価格で購入することができるわけです。リフォームはあくまでも現在の状態を新築のときと同じ機能や見栄えにするなどの意味を持つものですが、リノベーションリフォームを検討できるのであれば細かく区切られた部屋を1つにまとめたり、浴室の位置やキッチンの位置など水回りの 場所を変更できる、和室の間取りになっている場合でも全室洋室に変更できるのもリノベーションリフォームのメリットの一つです。

中古マンションのリフォームでできること・できないこと

中古マンションリフォーム 松戸

マンションは集合住宅ですから、購入して所有権を得たからといって断りもなくリフォームを始めるわけにはいきません。マンションには管理組合があるので、管理組合に対してリフォームすることを伝える、その工事内容を伝えて許可を得る必要があります。それと、ベランダや玄関の扉やエントランス回り、これらは自宅の中に含まれているように感じている人も多いかと思われますが、ベランダやエントランス回り、そして玄関ドアなどは共有部分になるので勝手にリフォームすることはできません。1階の部屋には専用庭を設けているマンションも多くありますが、専用庭も共有部分の一つでここにウッドデッキを作るなどはできないことも覚えておきましょう。

中古マンションのリフォームで可能になることは、システムキッチンやユニットバス、トイレ設備の交換などをはじめ、クロスの張替えや床材の交換、畳の入れ替えなどが中心です。いずれも既存の間取りの中のみで行う形になりますが、リノベーションリフォームを行うのであれば自由な間取りの部屋にすることが可能です。クロスの張替え程度のリフォームなら騒音などもないので、隣の部屋や下の階の部屋、上の階の部屋などに音が出ることを伝える必要はないのですが、音が出るような工事を行うときには周辺の部屋に対して工事の内容や工事期間の説明など業者さんに行って貰いましょう。

リフォーム向けの中古マンションの特徴

中古マンションリフォーム 松戸

中古マンションを購入してフルリノベーションして新しい価値を持つマンションに住みたい、リノベーションのような大掛かりな工事はしなくても良いので、きれいな部屋に作り替えて生活したい、このように考える人も多いといえましょう。中古マンションにはリフォームがしやすい物件としにくい物件ってあるのだろうか、このような疑問を抱く人も多いのではないでしょうか。基本的には、間仕切りの壁が細かく仕切られていない間取りのマンションや二重床や二重天井になっているマンション、パイプスペースの場所がバルコニーや共用廊下側に集中しているマンション、そして管理規約の中にリフォームに関する記載がないものなどはリフォームがしやすいなどの特徴です。

間仕切りの壁はコンクリート壁で、間仕切りの壁が少ないと間取りを理想通りの形に変えることができますし、キッチンからダイニング、リビングなどを繋げて開放感を持つ空間も実現可能です。古い時代に建築されたマンションは、壁で建物を支える構造の壁式構造になっていることが多く隣との境界部分にも室内にコンクリート壁があることが多くこの壁は構造体になってので間取りに制限が生じてしまうなど注意が必要です。規約にリフォームに関する制約が少ない物件を選ぶ、これは管理規約の中にはフローリング材の遮音等級の指定、キッチンへのディスポーザー導入禁止など規制が設けてあるマンションもあるので事前に確認できるときなどはチェックがおすすめです。

中古マンションのリフォームは何をするものであるのか、リノベーションの違いや中古マンションを購入してリフォームするメリットには何があるのか、そして向いている物件の特徴など解説してきました。この中でも向いている物件を選択することはリフォームを成功に導くポイント、しっかりチェックして成功に導きましょう。